受験資格について

受験資格について

社会保険労務士試験には受験資格が設けられていて、それは大きく「学歴」「職歴」「国家試験合格者」の3つで区分されています。その詳細は次のとおりとなっております。

■学歴によるもの

  • 4年制大学で一般教養科目の学習が終わった方(在学中も方も含む)
  • 大学(短期大学を除く)において62単位以上を修得した方
  • 短期大学又は高等専門学校を卒業した方
  • 就業年限が2年以上で、かつ、課程の修了に必要な総授業時間数が1,700時間以上の専修学校の専門課程を修了した方

■職歴によるもの

  • 社会保険労務士又は弁護士業務の補助の事務に従事した期間が通算して3年以上
  • 国家公務員又は地方公務員として行政事務に従事した期間が通算して3年以上の方

■資格によるもの

  • 社会保険労務士試験以外の国家試験のうち厚生労働大臣が認めた国家試験に合格した者
  • 司法試験第一次試験又は高等試験予備試験に合格した者
  • 行政書士となる資格を有する者

行政の方針は、素養・意欲のある方に広く門戸を開く方向へと改革が進んでいるのでしょか、社労士の受験資格は年々垣根が広がりつつあります。特に学校や資格による受験資格幅の拡大は顕著で、平成22年度よりは、美容・理容師学校や言語聴覚士学校を卒業された方や、土地家屋調査士や学芸員、中小企業診断士の資格をお持ちの方なども、社会保険労務士の受験資格者に該当するようになりました。国家資格による受験資格はすでにかなり幅広くあります。このことについては全国社会保険労務士会連合会のホームページ(http://www.sharosi-siken.or.jp/)を詳しく調べるようにしてください。

しかし受験資格の要件を見るかぎり、高校卒の方にはいまのところ前年ながら受験資格はありません。「ぜひ受験したいのだが、受験資格がない」、高校より先へは進学されていない方で、そのよう歯がゆい思いをされている方へ向け、受験資格取得を得る方法についてまとめてみました。

夜間もしくは通信制短大

大学もしくは短大の学歴による資格は、夜間でも通信制でも良いのです。ですから夜間もしくは通信制を利用して2年間で短大を卒業してしまうが近道です。通信制短大は、卒業には相応の努力が必要ですが、入学試験は書類選考のみという短期大学がほとんどで、学費も全日制と比べるとずっと安く押さえることができます。社会保険労務士の試験を受けるのは2年以上先の話ということになってしまいますが、その期間も社労士の勉強期間という考え方をすれば、一層十分な試験対策ができる、という話にもなります。

他の国家資格を先に取得する

合格には相応の勉強が必要ですが、一発で合格を果たせばこれが一番近道です。ねらい目の資格としては、受験資格が一切ない海事代理士や行政書士が適切ではないかと思います。特に行政書士はお薦めです。行政書士も決して簡単な資格ではありませんが、開業社労士のなかには行政書士とのダブルライセンスで活躍している人が少なくないからです。

次のページ >>

通信講座おすすめ度

【★★★】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。

詳細・資料請求はこちら


【★★】クレアール

多用なコースとオプションに分かれていてわかりにくい面はありますが、学び方を自由に選べますので基礎のある人には便利です。

詳細・資料請求はこちら


【★】TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細・資料請求はこちら


メニュー

トップページ

社労士とは?

社労士の魅力

どのような試験ですか?

受験資格について

学習期間と総学習時間

独学・通学・通信講座

理解と暗記

私の勉強法

試験10科目のアウトライン

試験問題の一例

合格ラインの仕組み

模試も受験すること