社労士試験受験のためのABC「社労士受験/必見情報!」

トップページ

最近、電車のなかで、社会保険労務士関係の受験参考書を勉強している社会人の方をよく見かけます。
高齢化社会や年金問題への関心もあってか、社労士受験の人気は、近年非常に上昇しています。当サイト内のデータをご覧いただければお分かりいただけると思いますが、数字だけを見ると、社会保険労務士の受験も、ずいぶん垣根が高くなったものだと感慨深いものがあります。

しかし社労士としてこの世界に身を置く管理人としては、こと社労士の試験や受験に関しては、間違った情報が氾濫しているような気がしてなりません。
たしかに社会保険労務士の受験者数は増大していますし、試験の傾向も一昔前とは大きく変わってきています。
しかしそのことが、イコール社労士の受験・試験を難しいものにしているかというと、一概にはそのようには言えないように思うのです。
変わっているものの背後に、実際は相変わらず以前のままの本質があります。
当サイトではそのことを整理してみました。
みなさんには、本当のところをよく見極めた上で、社労士の受験にトライしていただきたいと思います。
よろしければ、ぜひ参考にしてみてください。

次のページ >>

通信講座おすすめ度

【★★★】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。

詳細・資料請求はこちら


【★★】クレアール

多用なコースとオプションに分かれていてわかりにくい面はありますが、学び方を自由に選べますので基礎のある人には便利です。

詳細・資料請求はこちら


【★】TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細・資料請求はこちら


メニュー

トップページ

社労士とは?

社労士の魅力

どのような試験ですか?

受験資格について

学習期間と総学習時間

独学・通学・通信講座

理解と暗記

私の勉強法

試験10科目のアウトライン

試験問題の一例

合格ラインの仕組み

模試も受験すること